こんにちは。当サイト管理人の船崎といいます。

突然ですが、あなたは手掌多汗症という病気を知っていますか?

これは緊張している時はもちろん、緊張していない平常時ですら常に掌(てのひら)に大量に汗をかいてしまう症状のことです。

人間ちょっとした汗ならなんてことはありません。

でも、手掌多汗症はとにかく大量・・・それこそ手から汗が滴り落ちてしまうほどに汗をかいてしまう厄介な病気です。

 

  • 「握手が怖い」
  • 「握手をした直後に変な顔をされるのがすごく傷付く」

 

だから握手が怖い

汗が怖くて恋人とだって満足に手を繋げません。

「手をつないだら嫌われてしまうんじゃないか・・・?」と不安な気持ちになって、どうしても積極的になれない。

 

親に相談しても「若いから新陳代謝が活発なのよ」っていうぐらいにしか思ってもらえず 悩みをきちんと受け止めてもらえない。

学生時代はテスト用紙やプリントは汗でぐっしょりフニャフニャ。

社会に出て就職した後は、大事な契約書や書類が汗でベタベタのクチャクチャ・・・

「汗をかかないようにしよう」「汗をかきたくないっ!」と思えば思うほど汗が噴き出してくる。

意識すれば意識するほどにまるで体の中にある蛇口の栓が開けられ、体の内から外へと水分と不安が混ざり合って体外へ・・・

手のひらや脇の下などの体の表面へと 溢れだしてきます。

とりわけ体が痛いわけでも、息苦しいわけでもありませんし、100%どんな時でも常に汗をかいているわけではありません。

私は「自分はなんか他の人と違うなぁ・・」と漠然と思いながらも毎日を過ごしていました。

そんな鈍い苦痛にも似たようなコンプレックスを抱えたまま私は30年以上(もうすぐ40年)生きてきました。

 

でもある日、ふとしたきっかけで自分が手掌多汗症だということを知りました。

「自分だけでなく、他にも同じ悩みを抱えている人がいるんだ!」ということを知った時になんだか目の前に少し光が射し込んで来たように感じたのを覚えています。

このサイトは自分が「多汗症」であることに気付き、様々な改善法や治療法を調べて、 そして実践して症状を大きく改善させることが出来た私の体験記です。

同じような悩みを抱えている人のため、少しでも希望を与えらえればという思いでまとめました。

手掌多汗症は、症状の度合いや原因が様々な病気でその対処法は共通ではないのかもしれません。

でも当サイトが何かしらの参考にして頂ければ望外の喜びです。