ここでは多汗症にまつわるちょっとした豆知識をご紹介します。

多汗症の人口はどれくらい?

アナタの周囲には多汗症の人がいますか? とりあえず私の周りには多汗症の人はいません。

でも本当は多汗症なんだけどミンナ恥ずかしいから、解らないように隠したりしているから気付かないだけなのかもしれませんね。

個人的に、「多汗症の人ってどれくらいいるんだろう?」と思ったので、多汗症の人は一体どれ位いるのか?を調べてみました。

多汗症人口は一般的に全人口の0.5%だと予測されています。つまり、1000人いたら5人は多汗症というわけです。

 

表現を変えると世の中の200人に1人は多汗症だという事です。

 

こうしてみると「結構たくさんいるな~」と感じたのは私だけですか?

そもそもこの多汗症人口の統計自体が何を基準に多汗症としているのかはハッキリとはわかりませんが、私の個人的な意見からすれば解らないように隠している人もたくさんいると思うので、本当はもっといるんじゃないかなぁ?なんて感じます。

全然根拠はないんですけど・・(笑)。

とにかくアナタだけが特別にヘンとかおかしいということではないってことを知ってもらえれば嬉しいです。

少なくともこの記事を書いている私は、程度の差こそあるかもしれませんが間違いなく多汗症です。

アナタ一人ではないんですよ^^

 

多汗症とワキガは違います!

汗を大量にかくと言うと、すぐにワキガと混同してしまう人もいるようですが実際にはワキガと多汗症は別物です。

 

ワキガ・・・ワキの下に汗をかき、さらにゴミや埃と汗が混じりあって腐臭を放つ症状

 

ワキの下が多汗症でもワキガでは無い人はフツーにいます。

多汗症はあくまで大量の汗をかくだけであり、ワキガのように腐臭を放つものではありません。

これは汗を分泌する汗腺の種類が違うということによるところらしいです。

 

つまり、ワキガはアポクリン腺から分泌される汗が多くて、多汗症はエクリン腺から分泌される汗が多いと言われています。

とはいえ、ワキの下に大量の汗をかく多汗症でワキガも併発しているという人も実際に多くいるようなのは事実のようです。