ボトックス注入治療は「A型ボツリヌス毒素療法」とも呼ばれています。

その治療法は汗が多く出る部位の交感神経にボツリヌス菌を注入することによって、神経を麻痺させて汗を出させなくするというようなものです。

例えば私の場合でしたら、手のひらの汗が多くて困っているので手のひらにボトックスを注入する必要があるようです。

ちなみに手のひらにボツリヌス菌を注入する場合は、手のひらの約6箇所程度の部位に注射を行っていくらしいです。

手のひらに注射・・・想像するとちょっと怖いですね。

ボトックス注入治療のメリット

ボトックス注入治療のメリットは、交感神経ブロック手術と違ってメスを入れなくても良いことだと思います。

入院も特に必要ではなく、術後はすぐに退院し普通の生活が送れるということはサラリーマンなどなかなか休みを取れない私にとっては非常に大きなメリットだと感じました。

治療してからの制汗効果も2~3日後には、発現するらしいです。

メスを入れる必要がなく、かつ効果もすぐ目に見える、というのは毎日汗に苦しめられている人からしたら願ったり叶ったりです。

ボトックス注入治療のデメリット

ただし、そんなボトックス注射手術も万能ではありません。

まず、ボトックス注射手術は効果が永遠に続くわけではありません。

つまり一度、ボトックス注入をしたからといって永遠に治るわけではなく多汗症の症状が出てきたら再度、病院でボトックス注射をしてもらわなければならないということです。

ボトックス注射の場合は効果が薄れるたびにボトックス注射をしてもらわなければなりません。

2つ目のデメリットは、ボツリヌス菌を注入する際に激しい痛みが伴い、場合によっては一時的に筋力が低下することもあるようです。

3つ目のデメリットは、ボトックス注射による治療は健康保険対象外とのことです。

効果が永久ではなく3~6ヶ月毎に一度通院しなければいけないことを考えると費用的にも厳しいと感じます。

ちなみに料金は○○クリニックで1回6万9800円でした。ひぇ?!!

効果の持続期間はもちろん個人差があるとは思いますが、ボトックス注射の回数を重ねると効果が続き易くくなるとも言われているようです。

効果が一時的とはいえ、精神的な要因が大きい人にとっては、一度汗が治まることにより汗をかくことへの恐怖感が無くなり、スッカリ治ってしまう人もいるとのこと。

ボトックス注入治療に危険は無いのか?

ボトックス注入治療では、ボツリヌス菌という菌を毒素を注入するわけですが、体に注入する深度が深すぎると神経の働きを抑制し過ぎてしまい、過剰反応なども出ることがあるそうです。

特に手は皮膚が薄いですから高度な技術が必要なのかもしれません。

経験のある医師を探してボトックス治療してもらうのは大事なポイントだそうです。

どうしてもボトックス治療は6?10万円位と高額なことを考えてしまうと、少しでも安い病院で治療をお願いしてしまいたくなると思いますが、病院の評判や医師の技術などを口コミや評判などで確認しておくと良いでしょうね。